第18回 みやざきフェニックス・リーグ

第18回みやざきフェニックス・リーグ試合結果

10/21(木) 阪神vsヤクルト(西都)

 123456789R
S0500000027
T30010042X10

【バッテリー】

○ヤクルト
投手:寺島(5回)-丸山(1 1/3回)-久保(1 2/3回)
捕手:内山壮

○阪神
投手:西純(5回)-石井大(3回)-浜地(1回)
捕手:藤田

【本塁打】

○ヤクルト:なし
○阪神:熊谷(1回①=寺島)、陽川(1回②=寺島)、片山(8回①=久保)、藤田(8回①=久保)

阪神はヤクルト先発寺島から1回裏熊谷の本塁打で先制。陽川の2点本塁打でリードを広げた。
2回表 ヤクルトも阪神先発西純から中山の2点タイムリーで1点差とすると、濱田の3点タイムリー二塁打で逆転。
4回裏 阪神は藤田のタイムリーで1点を返すと、7回裏熊谷のタイムリーで同点、遠藤のタイムリーで勝ち越し、髙寺のタイムリー、武岡のタイムリーエラーでこの回4点を奪った。
8回裏にも片山、藤田の2本のソロ本塁打で追加点を奪った阪神に対し、ヤクルトも9回表並木の併殺打の間にランナーがかえり1点、松本友のタイムリーで1点を奪ったが、試合は10-7で阪神が勝利した。