第18回 みやざきフェニックス・リーグ

第18回みやざきフェニックス・リーグ試合結果

10/16(土) 阪神vsヤクルト(西都)

123456789R
S2020010005
T45105354X27

【バッテリー】

○ヤクルト
投手:木澤(4 1/3回)-杉山(1 2/3回)-丸山(1回)-宮台(1回)
捕手:西田-内山壮

○阪神
投手:牧(5回)-石井大(3回)-小野(1回)
捕手:長坂-藤田

【本塁打】

○ヤクルト:長岡(3回①=牧)、赤羽(3回①=牧)
○阪神:北條(1回②=木澤)、サンズ(2回②=木澤)、小幡(3回①=木澤)、髙山(6回③=杉山)、江越(8回②=宮台)

1回表、阪神先発牧の暴投でヤクルトが先制すると西田のタイムリーで1点を追加。その裏阪神はサンズの2点タイムリーで追いつくと北條の2点本塁打で勝ち越した。
2回裏阪神は江越、熊谷のタイムリー、サンズの2点本塁打、長坂のタイムリーでこの回5点を追加。
3回表ヤクルトも長岡、赤羽の2本のソロ本塁打で2点を返したが、3回裏には小幡の本塁打で1点を阪神が奪った。
5回裏小幡のタイムリー、サンズの2点タイムリー、長坂の2点タイムリーで阪神が6点を追加。
6回表ヤクルトが阪神2番手石井大の暴投で1点を奪った。その裏高山の3点本塁打で阪神のリードは広がり、7回裏には小幡の3点タイムリー2塁打、熊谷のタイムリーなどで4点。
8回裏には江越の2点本塁打、片山のタイムリー2塁打、北條のタイムリーで4点を追加。試合は27-5で阪神が勝利した。